平均燃費

だが、実際の平均燃費には、どんな重最でどんな交通状況で走ったかが大きく影響するものだ。政府は省エネルギーのためスピードを下げろと言うが、現実に日本で合法的に出せるスピ食うのは発進加速である。慣性の法則で止まっているードでは高速道路を連続して100m/hで走れる時は結果的に燃費が最高になる時が多い。もちろん、同じ状況で帥、/hに抑えれば僅か良くなるがほとんど差は無い。50km/h以下の一般道路での燃賢が問題なのである。つまり、自動車は「スピードより連続して走れるほうが燃賀がいい」というのが日本の現実だ。ひどい停滞でエンジンがアイドリングで動いていれば、走行距離に関係なく1時間に1リッターぐらいの燃料を消費する。つまり、第一のエコノミー・ドライピングは、できるだけ車を止めないで走り続けることだ。そうはいっても現実の道路では無理だろう。それでもできるだけラッシュアワーなどの渋滞時間帯を避け、できるだけすいた無駄な停止が少ないコースを選べば結果的に燃費は良く出来る。しかも、信号のたびに停止、発進しないようにスピードを調節したり、道路を先読みして右折の渋滞に引っかからないようなスムーズな走りが出来ると燃費は良くなる。止まることは、また発進するための余分なエネルギーがいるからだ。自動車の使うエネルギーのうちで、もっとも燃料を物を動かす回数が多いほど、燃費は悪くなる。中古車 高く売る ←こちらから情報収集できます。

DW187_L

エコノミードライビング

エコノミー・ドライピングというとほとんどの人は省燃費競争と勘違いしている。いわゆる1ℓで何キロ走れるかだけがエコノミーなのか。もし、そのような絶対的な燃費を良くしたいのなら、車を買う時からサイズやエンジンの種類を選ばなければ駄目だ。加速はいい、コーナーリング性能は安定している、高速でも静かに走れる、しかも装備は全部オートの快適な車を選んでおいて絶対エコノミーを要求するのは無理がある。これらはすべて車を重くして結果的に悩性重量が大きくなりそれを動かすエネルギーを必要とするからである。ワイドなタイヤだけでも空気抵抗も転がり摩擦もふえる。そういう車に乗って、好きなように加速している運転で燃費をよくしたいのは身勝手な話だ。したがって、現実には、自分ですでに買ってしまった車をいかにエコノミー・ドライビングするかが問題なのだ。そういう目でテクニックを考えよう。燃費を悪くしているのは車を止めるから自動車の燃費はふつう1ℓの燃料で何キロ走れたかを結果から計算している。満タンから100m走って10リッター補給したら10km/ℓである。だが、ほとんどの人は、その間にどんな走り方をしたとか、どんな交通状況だったかをあまり重要に考えない。つまり、何人乗って、どんな交通状況のコースを走ったのかではなく、車の平均燃費として受け取る。←こちらからどうぞ。

DW175_L

ディスク・ブレーキの特徴

今のブレーキ・システムはディスク・ブレーキの特徴を生かすためにサーボ・アシストの倍力装置で軽く踏んでも効くようになっている。能力の高いブレーキがついている車でも同じような踏力でブレーキが効くのはそのためである。だが、直接足の力で調節するのではなくアシストに頼っているため、力の調節は難しい。しかも車によっても加減が違う。そこでブレーキがなぜ効くかを考えてみる。少なくともブレーキは回転している円盤をパッドで挟んで摩擦を起こして減速するのだから、ペダルを蹴るように踏んでもブレーキは一瞬しか効かないのである。減速するにはある時間連続してブレーキを踏んで摩擦を起こさせなければ効果はない。つまり、運転が下手な人ほどブレーキを最初から強く踏むためその瞬間にショックがあるが、すぐに離してしまうためスピードが思ったほど落ちない。これに対し、うまい人のブレーキは素早くキックするのではなく、ペダルに足を移すのは素早いがそこから連続的に踏む力を調節している。スポーツ・ドライビングでのブレーキングには、この基本テクニックをマスターする。そのうえで、急に効かすか、長く効かすかのスペシャル・テクニックをトレーニングする。この違いは、どんな車でも制動することで車体の前が下がるがこれによって前輪タイヤにかかる力を調節出来る点。つまり、カーブの入り口の減速では次にハンドルを切るという動作が続く。この時に前輪に荷重がかかっていたほうが滑りにくく、ハンドルが切れる。とくにFF車では前下がりに感じる状態の時にハンドルを切り出せば効果がある。ただし、そのぷんだけ後タイヤの荷重は減っているので、あまり急に切ると後輪が横滑りする原因になる。スポーツ・ドラィビングでのブレーキ調節は止めることだけではないのだ。←こちらからいろいろな車の知識を蓄えましょう。

DW176_L

運転のうまい人

運転のうまい人は、平均してハンドルの切り角が少ないと言われるが、このロスを出さないようにできるだけスムーズに回っている訳である。しかし、こうすうテクニックは一気に理屈だけでうまくなる訳ではなく、思い切り低速の段階から少しずつ慣れていくことがマスターするポイントである。いくら速そうに見えても、勢い余ってカーブにとびこみ、それを修正するテクニックに追われるような走り方はスポーツ・ドライピングではない。ブレーキが効くぶんだけ加速できるスポーツカーやレーシング・カーでは、ただ加速が良くてスピードが出るだけでは性能がいいといえない。素早く加速したら、同じように減速出来ることが絶対的な条件である。市販車の中にも高性能と言われる車はいるいろあるが、それはブレーキが安心して踏める車である。一般道路で簡単に100km/hまで加速できる車は多いが、そこからどれだけ余裕があれば止まれるかが問題である。一般道路でやるスポーツ・ドライビングでは、この「減速する能力」以上まで加速しすぎると事故の原因になる。これは基本テクニックが足りない証拠だ。しかし、コーナーを曲がる時などは、完全に停止するのではなく40km/hまでスピードダウンすればいい。これは停止が目的のブレーキとは違い、いかに効果的にスピードを下げるかがテクニックになる。このようなブレーキの踏み方がうまくなるとブレーキ・テクニックが分かってくる。車に関する事であれば←こちらのサイトがお勧めです。

DW164_L

カーブを曲がる時

例えば、自動車はカーブを曲がる時にタイヤを摩擦して頑張るわけだから、遠心力が強いほど失うエネルギーが大きくなる。この遠心力は「速度が同じなら旋回半径の2乗で大きくなる」。2倍ではなく速度が高いほどその影響は大きくなる。この遠心力の影響を小さくするには「半径を大きくとる」ということになる。そして、実際の道路で半径を大きくするには、鋤センチでもいいから大回りする習慣をつける。対向車の危険を考えてとれる最大の道幅を使う。これには、ハンドルは素早く急に切るのではなく「手前から大きな円にする」というのがテクニックの秘訣だ。だが、いくら大きな半径で回ろうとしても、スピードが高ければタイヤが滑って支え切れない。そのため、車はカーブの外側に寄っていくが、普通のドライバーはカーブに入ってからこれに気が付いてハンドルを切り足す。なんとかその場を切り抜けられたしても、これがもうタイヤのスリップ・ロスをふやしていることになる。最初から少しスピードを抑えて入ればハンドルを切り足す必要がないし、当然エネルギー・ロスも少ない。その他の関連する知識や情報は、←こちらからどうぞ。


DW129_L